酢が苦手でも飲みやすい、おすすめの果実酢まとめ

夏にさっぱりした飲み物が飲みたい方には果実酢がオススメです。
水で薄めて飲むとマイルドな甘みと酸味で後味もすっきりします。
妊娠中・授乳中でアルコールが飲めない方には炭酸割りでサワー替わりにもなりますよ。
また牛乳で割るとフルーチェのようなゼリーになって美味しいモノもあります。
実際に飲んでみて気に入った商品だけをまとめておきます。



テンヨ 甲州 桃のお酢 500ml
テンヨ武田

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テンヨ 甲州 桃のお酢 500ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

もへじ 飲むための 桃のお酢 甲州 500ml
もへじ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by もへじ 飲むための 桃のお酢 甲州 500ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

甘み:★★★★★
酸味:★★☆☆☆
飲みやすさ:★★★★★

果実酢初心者にも飲みやすい甘めの桃のお酢。牛乳割りで桃味フルーチェも作れます。
食事と一緒に飲むにはちょっと甘いかな、という気がします。食間・デザート向け。



蜂蜜柚子酢 500ml
キッコーマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 蜂蜜柚子酢 500ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


甘み:★★☆☆☆
酸味:★★★★☆
飲みやすさ:★★★☆☆

こちらはやや酸味が強めでスッキリ飲める酢。夏向けです。炭酸割りすると蜂蜜柚子サワー風に。
牛乳割りにはあまり向かないですが、さっぱりしてるので食事のお供に向いてます。



ミツカン ゆずはちみつ黒酢 500ml
ミツカン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミツカン ゆずはちみつ黒酢 500ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


甘み:★★★☆☆
酸味:★★★☆☆
飲みやすさ:★★★★☆

前述のキッコーマンのものより、ミツカンは少しマイルドな感じがします。少し甘目。
初心者にはこちらのほうが飲みやすいかもしれません。



ミツカン りんごはちみつ黒酢 500ml
ミツカン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミツカン りんごはちみつ黒酢 500ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


甘み:★★★☆☆
酸味:★★★☆☆
飲みやすさ:★★★★☆

スーパーなどの店頭で比較的手に入りやすい商品です。値引率もいいのでコストパフォーマンス良し。
飲みやすく仕上がってますが、りんご果汁感がもう少し強いといいなあと思います。



ミツカン 梅はちみつ黒酢 500ml
ミツカン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミツカン 梅はちみつ黒酢 500ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


甘み:★★★☆☆
酸味:★★★★☆
飲みやすさ:★★★★☆

こちらも飲みやすく仕上がった梅風味のお酢で、夏向けです。
甘さも適度で炭酸割りで梅酒サワー風になりますので、食事のお供にも。
ミツカンのこのシリーズは比較的入手しやすく、他にブルーベリー黒酢もあります。
果汁感はやや薄めですが店頭価格が安くリーズナブルなので、ガブガブ飲むには向いてます。




内堀醸造 フルーツビネガー ライチの酢 360ml
内堀醸造

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 内堀醸造 フルーツビネガー ライチの酢 360ml の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


甘み:★★★☆☆
酸味:★★★☆☆
飲みやすさ:★★★★☆
内堀醸造のフルーツビネガーシリーズ。他にもりんご、ぶどうとブルーベリー、ぶどうとラズベリーなどがあり、りんごは比較的店頭で手に入りやすいです。内堀醸造は「オークスハート」というギフト商品も出していますが、そちらのほうが値段は高いですが果実感と甘みが強く飲みやすいです。

保育園・幼稚園でのお弁当箱はコレがオススメ。

お弁当箱なんて100円ショップでも買えるわけですが、お子様が通う保育園・幼稚園に「お弁当の保温庫(温蔵庫、温飯器)」があるようでしたら要注意です。この保温庫はだいたい庫内温度が65~85℃の間に保たれているので、一部のお弁当箱のフタは耐熱温度ギリギリになってしまう可能性があります。

「アルミの弁当箱を買えばいいんでしょ?」と私も思っておりましたが、幼稚園のベテラン先生に聞いたところ「アルミは持つ時に熱くなるのでひっくり返しやすく、またパッキンがないので中身をぶちまけてしまうこともあります。パッキン式のお弁当箱のほうが子どもも扱いやすいですし、汁漏れでカバンを汚すこともありません」ということでパッキン式をオススメされました。(アルミのお弁当箱を指定される園もあります。こういうところは少し保温庫の内部温度を低めに設定しているようです)

画像

こういうタイプのお弁当箱がおすすめです。


さて色々調べてみたところ、「電子レンジOK」の表記は多くのお弁当箱に付いているのですが「保温庫OK」の表記がついているのは現時点でサンリオショップで販売されている商品しか確認できません。同じ「ハローキティ」の商品でも、サンリオショップで販売されている「スケーター社製造」のお弁当箱はOKで、OSK社の物は耐熱80度までなのでギリギリアウトな感じです。

店頭でざっと調べた所、前述の「スケーター株式会社」の出してるパッキン式お弁当箱はどれも耐熱100度なので安心のようです。サンリオ以外にもディズニーやトトロ、マリオやポケモン、ETVキャラなど様々なキャラクターがありますのでお好みの物をどうぞ。

実際にサンリオショップでこのスケーター社のお弁当箱を購入してみましたが、さすが1300円するだけあって100円ショップの物より使いやすいです。フタの開け閉めもガタつかず、なによりパッキンが取り外ししやすくて洗うことがストレスになりません。また汚れやすいパッキンはこちらで別途購入できますので長く使えそうです。オススメです!


Cars 食洗機対応タイトランチボックス小判 QA2BA
スケーター


Amazonアソシエイト by Cars 食洗機対応タイトランチボックス小判 QA2BA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



スケーター社のその他のお弁当箱はこちらで



他に、「小森樹脂」社の出している商品も耐熱100度でした。こちらもパッキンのみの販売をしています。仮面ライダーウィザードやゴーバスターズ、プリキュアなどニチアサがお好きなお子様にはこちらをどうぞ。



人気のiPhoneカバー「iSkin」がICカード装着型ケースになる?

iPhone を3GSから4Sに変更して、私も主人もいくつかのケースを渡り歩いて来ました。
ICカード装着型ケース5点についてはこちらでレビューしたとおりですが、なかなかこれぞというケースに出会えていませんでした。思えば3GSを使っていた時は最初に買った「iSkin」ひとつで満足だったなあ、あのケースの背面にICカード無理矢理差し込んで使ってたなあ……と思い出して4S用のiSkinを買ってみました。すると

画像
画像


このとおり、Suica、入りました(笑)
よーく見るとケースの横が少し浮いた感じになって完全にフィットしない感じはありますが「ICカードを入れてない状態」と比較しないとわからない程度です。

改札での読み取りですが、干渉エラー防止シートを入れない状態で確認したところ、1/3程度の確率で読み取りエラーが起こりました(小田急線・井の頭線で確認)。ぴったり改札の読み取り機に押し付けてゆっくり通れば大丈夫なのですが、朝夕のラッシュ時にはちょっと迷惑になりそうなので、干渉エラー防止シートを別途購入し併用することをオススメします(この場合はほとんどエラーは起こりません)。

iSkinは「エスカレーターの手すりの質感」と言われることが多いようですが、とにかく滑りにくいのが魅力です。また材質的に落とした時の衝撃吸収力も他のケースと比べて高そうに思えます。iPhone4Sのケースはフロントパネル部分よりケースが浅く作られている物が多く保護力が低いものが多いのですが、このiSkinはフロントパネルの周囲をぴっちり囲っているため、落とした時も他のケースよりはちょっぴり安心できそうです。

シリコン系の素材なのでカバーのつけはずしもハードケースと比べると容易です。つけはずしの時に壊してしまう心配もありません。本来の使い方ではないので、真似される方は自己責任でお願いしますが、これはなかなかオススメですよ!









iSkinはコレ以外にも色柄違いがあります。詳細はこちらのページで

実際に使って書きました/圧力鍋とル・クルーゼどっちがいいの?

圧力鍋を1つと、結婚祝いでダブったサイズ違いのル・クルーゼを2つ持ってますが、どれももれなく愛用しています。結論を言うと「それぞれどっちもいいので使い分けて」となるんですが、予算的にどちらか一方しか買えないといういう方のために、それぞれの長所短所を書いておきます。


■ル・クルーゼ

長所
・見た目がいいのでそのまま食卓に出せる。
・保温性が高い。少し沸騰させて火を止めてバスタオルでくるんでおけば保温調理器的に使える。
・荷崩れしにくい。面取りしなくてもじゃがいもやカボチャが煮崩れない。

短所
・重い! 腕が弱い方やお年寄りには向きません。
・蓋・本体のフチが錆びやすい(正規輸入品は錆止め加工がしてありますが、乾燥を徹底する必要があります)

主な用途:煮崩れさせたくないもの、じっくり味をしみこませたい物の調理
私がよくル・クルーゼで作る料理:野菜中心の煮物(カレーや肉じゃがなど)、パエリアなど
Le Creuset ココット・ロンド 20cm オレンジ
Le Creuset (ルクルーゼ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Le Creuset ココット・ロンド 20cm オレンジ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


■圧力鍋

長所
・調理時間が短くて済む。
・高圧で煮ればサバの骨までホロホロになって食べられる

短所
・少しでも加熱しすぎるとじゃがいもは荷崩れやすい
・とてもそのままでは食卓に出せない
・ご飯がもっちりするので、おこわにはいいがパエリアには向かない

主な用途:炊飯(炊飯ジャーは使わなくなりました)、魚や肉をひたすら柔らかくしたい時、時間がなくてさっと野菜に火を通したい時
私がよく圧力鍋で作る料理:白米、豚角煮、時間が無い時のカレー

T-fal ワンタッチ開閉圧力なべ クリプソ クレールプラス 3L P4314032
T-fal (ティファール)
2010-08-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by T-fal ワンタッチ開閉圧力なべ クリプソ クレールプラス 3L P4314032 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





圧力鍋かル・クルーゼかで悩んでる方のために、比較検討対象としてストウブやジオプロダクトも上げておきます。

■ストウブ
ホーロー鍋というよりはダッチオーブン的な男らしい鍋。ル・クルーゼはみんな持ってるし、もうちょっと大人っぽいデザインのが欲しいという方に。ル・クルーゼよりさらに重いですが、蓋の重さが思い分密閉性が高く、蒸気を逃さず料理ができます。無水調理可。また耐熱温度が高く鍋ごとオーブンにつっこめます。ルクは空焚きできないので、「焼いてから煮る」的な料理ならル・クルーゼよりストウブのほうが向いてます。色は黒以外にもあります。どちらかといえばプロ向き、男性向き。
Staub ココット ラウンド 22cm ブラック 40509-305(1102225)
staub (ストウブ)
2007-11-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Staub ココット ラウンド 22cm ブラック 40509-305(1102225) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


■ジオプロダクト
鋳物鍋は重いし手入れが大変そう、という方や、腕力の落ちたお年寄りにおすすめの鍋です。私もこれを母にプレゼントして喜ばれました。
アルミとステンレスの7層構造で熱伝導性や保温性も高く、無水・無油調理もできる密閉性。ステンレス鍋としてはやや高いですがル・クルーゼよりはかなりお手軽価格(22cm両手鍋が7~8千円程度)。これもルクや土鍋同様、少し沸騰させた後にバスタオルでくるんでおけば保温調理器的な使い方ができます(ということは荷崩れしにくいですね)。15年の保証付。

見た目はル・クルーゼやストウブに比べると素っ気ないですが、実物を見るとステンレス鍋としてはたいへん美しいです。片手鍋、両手鍋、雪平鍋、卵焼き器などバリエーションもサイズも豊富です。ステンレス製ということは、軽いという点以外にもサビや落下を気にせず荒っぽく使っても大丈夫という利点があります(笑)オーブンに入れて鍋ごと焼いても大丈夫! ルクが2点あるのでもう買えませんが、正直私も欲しいです…

ジオ 両手鍋 22cm GEO-22T
ジオ・プロダクト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジオ 両手鍋 22cm GEO-22T の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



■ビタクラフト
もういっっちょ、ステンレス多層鍋で人気のブランド、ビタクラフトをご紹介。この「ウルトラ」シリーズはなんと9層構造になってるのでジオ・プロダクトよりもさらに熱伝導性や保温性に優れてるはずです。ただお高いんですよね…2万円台なので、個人的にはジオのほうがいいかな、この値段出せるならルクのほうがいいかな、と思います。コロラドシリーズなど見た目がジオに近く安価な物もありますが、そちらは5層構造なのでやはりジオのほうがいいかなあと思います。

Vita Craft ウルトラ 両手ナベ 21cm 3.2L 9503
Vita Craft (ビタクラフト)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Vita Craft ウルトラ 両手ナベ 21cm 3.2L 9503 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「アップル」シリーズも5層ですが見た目が可愛くて良いですね。結婚祝いや新築祝いなんかによさそうです。
Vita Craft アップル 両手鍋1.9L 2752
Vita Craft (ビタクラフト)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Vita Craft  アップル 両手鍋1.9L 2752 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


圧力鍋の選び方/比較

最初に言ってしまうと私はアサヒ軽金属の活力なべを友人に薦められ、実際に使ってみて他の友人にもオススメしています。
そんなわけで身近に数人活力なべを使ってる友人がいますが、みんな「毎日白米を炊くのに使ってしまうのでもう一個買い足そうか検討している」という状態です。私も収納場所さえあれば小さいサイズを買い足したい、そのくらい愛用してます。

とはいえデザイン的にはフィスラーもいいな、ティファールは比較的安いな、ワンダーシェフも割とお値段の割に高圧でよさそうじゃない? と思い、仕様面を下記に徹底比較してみました。なお中国製の商品は過去に爆発事故があったことからここでは取り扱っておりません。

ディスカウントショップなどで3~5千円程度のものが売られていますが、圧力鍋はゴムパッキン部分など消耗品がありますので、のちのち部品だけが交換できる=メーカーのアフターメンテがしっかりしているところの製品をおすすめします。ゴムパッキンの耐久性は毎日の使用で1年くらいが目安です。

■サイズ・重量は
サイズ・重量はどれを選んでも大きな差はありません。3.0~3.5Lならどれも2kg台です。強いて言うならワンダーシェフが比較的軽めで、WMFがやや重め。ティファールがハンドル式でなく両手鍋タイプで幅は取らないです。

■ガス、IHなどの熱源は
ここでとりあげた商品はいずれもガス・IH調理器などあらゆる熱源に対応しています(特殊な熱源の方は念のため各メーカーのサイトで仕様をご確認下さい)

■調理時間の短さで選ぶなら
圧力鍋の魅力である「時短」を考えるなら、圧倒的にゼロ活力なべをオススメします。カレーや肉じゃがなどの野菜中心の煮物の加圧時間は一般的な圧力鍋で5分程度(作動圧力によります)、比較的早いワンダーシェフマクサスでも2分ですが、ゼロ活力なべは沸騰したら0分で火を止めてOKです。IH調理器などでタイマーセットできる方なら2~3分の差はあまり気にならないかもしれませんが、ガスコンロでそばを離れなれない方はこの差は大きいと思います。

■お手入れのしやすさで選ぶなら
部品を分解して洗う必要のある圧力鍋もありますが、取説を見るかぎり、手入れのしやすさで言うとWMF・ティファール・ワンダーシェフ>>>活力なべ・フィスラー、という感じでしょうか。これはこの記事の最後に詳細を記します。

■圧力鍋のシュンシュン言う音がうるさくて嫌なら
蒸気音の少ないタイプのフィスラーをおすすめします。ちなみにゼロ活力なべはそれなりにシュンシュン言いますが、火力をちゃんと調整すれば寝てる赤ちゃんが起きるほどの音ではありません。

■デザインで選ぶなら
好みとしか言いようがないですが、それでもフィスラー、WMFあたりのドイツ製品は蓋がすっきりしてますね。ゼロ活力なべもまあすっきりしてるほうだと思います(赤いおもりの色は好みが分かれそうですが)

■とりあえず安価なものでいいなら
ティファールが良いでしょう。ホームセンターや通販でも1万円強で買えます。

■安全性・保証期間で選ぶなら
日本製で保証期間が30年間のゼロ活力なべが良いでしょう。他の商品ももちろん保証期間はありますが10年間になります。

■結局総合的にどれがいいの?
価格や時短、手入れのしやすさを総合するとどれがとびぬけて優れているという物はありません。ここで取り上げた商品はいずれもレビュー評価も良く買って満足した声が多いので、どれを選んでも後悔しないでしょう(後悔した場合はそもそも圧力鍋そのものが肌にあわなかったと思うしかありません)。個人的には調理圧力・安全性など基本スペックの高い活力なべをおすすめしますが、買った当時はパーツの分解がやや面倒に感じた(すぐ慣れますが)ので、手入れのしやすさと見た目の美しさでWMFもいいなー…と思っています。


以下、「加圧時間」「保証期間」「サイズ」「重量」「生産国」「価格」などについて、3.0~3.5Lの商品で比較しています。


ゼロ活力なべ(アサヒ軽金属工業)

・特徴:世界最高2.44気圧の高速調理。調理時間0分。鍋底だけでなく本体全体が五層構造で、熱伝導率や保温性が高い。安心の国産品。
・本体:アルミとステンレスの五層構造
・白米の加圧時間:低圧用のおもりで1分→蒸らし約10分
・カレーの加圧時間:高圧おもりで0分
・保証期間:30年間
・サイズ(3.0L):外径24.7×高さ17.7(本体高さ8.6)×最大長43.5cm
・重量(3.0L):2.5kg
・日本製
・ラインナップは5.5L、3.0L、2.5Lの3タイプ。
・付属品は白米用おもり、取扱説明書(レシピブック)。ガラス蓋は別売。
・価格:税込26,145円(キャンペーンや紹介で2万程度に)

備考:販売はメーカーの直販のみ。ネット注文か電話にて。実演販売をやってる時もあるようです。新聞折込チラシなどもあるようですね。アサヒ軽金属のサイトからメルマガに登録しておくと、期間限定のセール情報が届きます。知り合いに活力なべ利用者がいればぜひ紹介はがきをもらいましょう、5千円引きになります。時期によっては注文から届くまで2~3週間かかることもあったようですが、私の時は3~4日で届きました。


フィスラー プレミアム

・特徴:加圧中のシューシュー音がしない、低圧・高圧・超高圧の三段階設定可能、安全の確認できる簡単ロックなど
・底:アルミとステンレスの三層構造
・白米の加圧時間:低圧で加圧3分→蒸らし約10分
・カレーの加圧時間:約5分
・保証期間:10年間
・サイズ(3.5L):外径22cm×最大長42.3cm
・重量(3.5L):2.5Kg
・ドイツ製
・ラインナップは2.5L~10Lの6タイプ。やや安価な「コンフォート」ラインも。
・付属品はレシピブック、蒸し器、三脚。ガラス蓋は別売。
・価格:税込¥ 34,805(Amazon価格)
Fissler プレミアム 圧力鍋 3.5L 622-301-03-073
Fissler (フィスラー)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Fissler プレミアム 圧力鍋 3.5L 622-301-03-073 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


WMF パーフェクトプラス

・特徴:分解しやすくお手入れ簡単、おもりが取っ手と一体化していて紛失の心配無し。
・底:アルミとステンレスの三層構造
・白米の加圧時間:低圧で加圧3分→蒸らし約10分
・保証期間:10年間
・サイズ(3.0L):外径22cm
・重量(3.0L):2.7kg
・ドイツ製(日本代理店は貝印グループ)
・ラインナップは2.5L、3.0L、4.5L、6.0Lの4種。
・付属品は取扱説明書(レシピブック)、すのこ。ガラス蓋は別売。
・価格:定価31,500円、Amazon価格は20,755円
WMF パーフェクトプラス圧力鍋 3.0L 018WF-2136
WMF (ヴェーエムエフ)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by WMF パーフェクトプラス圧力鍋 3.0L 018WF-2136 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ティファール クリプソ クレールプラス

・特徴:両手鍋タイプ(ハンドル無し)、蒸し籠とガラス蓋が付属で、蒸し器や普通の鍋としても使える、比較的安価
・底:アルミとステンレス
・白米の加圧時間:高圧3分(または低圧5分)→蒸らし10分
・カレーの加圧時間:3分
・保証期間:10年間
・フランス製
・サイズ(3.0L):外径23.6×高さ18.0×最大長33.5
・重量(3.0L):2.44kg
・付属品は蒸し籠、ガラス蓋、レシピブック。
・ラインナップは3L、4L、6Lの3タイプ。他にも仕様の違う6種のラインが。「グランド」ならおしらせタイマーが付きます。
http://www.club.t-fal.co.jp/products/CW/pressurecookers/comp.html
・価格:定価28,350円、Amazon価格は12,444円
T-fal ワンタッチ開閉圧力なべ クリプソ クレールプラス 3L P4314032
T-fal (ティファール)
2010-08-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by T-fal ワンタッチ開閉圧力なべ クリプソ クレールプラス 3L P4314032 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ワンダーシェフ マクサス

・特徴:日本最高クラスの2.42気圧(活力なべとほぼ同等)、ガラス蓋と蒸しすが付属。
・本体:アルミとステンレスの3層構造
・白米の加圧時間:2~3分
・カレーの加圧時間:2分
・保証期間:10年間
・マレーシア製(企画・デザインは日本)
・サイズ(3.0L):外寸/375×210×200mm
・重量(3.0L):約2kg
・付属品はクッキングガイド・蒸しす・掃除ピン。ガラス蓋は別売。
・ラインナップは3Lと5L。他に仕様違いで6ラインあり。
・価格:定価25,200円、Amazon価格は14,499円
ワンダーシェフ MAXUS(マクサス) 片手圧力鍋 3L MSA30 602374
ワンダーシェフ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワンダーシェフ MAXUS(マクサス) 片手圧力鍋 3L MSA30 602374 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


備考

※パール金属製の「エコクッカー」はかなり安価ですが、このメーカーがかつて中国から輸入販売した圧力鍋で事故があったためここでは紹介を控えます。現在販売されているものは見直されてるだろうとは思いますが…。レビューはざっと見たところ比較的好評ですが、どうも時々ハズレな製品もあるような気配です。中国製で安価な物だと他にドウシシャなどもあります。

※2~4人世帯なら、上記の3.0~3.5Lサイズが使いやすいかと思います。5人以上や大量に作りおきするタイプの方は5L以上がいいでしょう。1~2人世帯なら2.5Lのミニサイズが軽くコンパクトでおすすめ(活力なべ、フィスラー、WMFにあります)。

※保温性は鍋全体を5層構造にしているゼロ活力なべが最も高いです。それ以外は鍋底のみを3層構造にしていて焦げ付きにくくしていますが、本体は多層構造ではありません。(余談ですが、私が使っている前機種の「スーパー活力なべ」は7層構造でガラス蓋標準装備、無水・無油調理もできるのが売りでした。ゼロ活力なべと違って加圧時間は標準一分ですが、それ以外は現行のゼロ活力なべより高スペックですね。現在は廃盤になってしまっているようですが、現行品も7層にしないのでしょうか…)

※ガラス蓋は別売りでも買っておくといいと思います。カレーなどは加圧調理が終わった後にルーを足して煮込むので、圧力用の蓋ではちょっと調理しづらいです(できないわけではありませんが…)


各メーカーの圧力鍋の手入れのしやすさについて

鍋の蓋を中心に、毎回洗う部品、時々洗う部品数を調べて見ました。(本体・蓋・ゴムパッキンは共通して毎回洗う部分なので省略してます)。部品が外れないぶん蓋の構造が複雑になって洗うのが難しくなる箇所もあるかと思いますので、分解パーツ数に洗いやすさが反比例するわけではないかと思いますが、「洗う時に細かい部品を外して再度組み立てるのが面倒」という方は外す部品数が少ない物を選んで下さい。解体部品が多い順にフィスラー>活力なべ>WMF=ティファール>ワンダーシェフ、ですが、取説で構造を見るかぎりはWMFが一番手入れはしやすそうです(WMFはこの洗いやすさを売りにしています)

■アサヒ軽金属 ゼロ活力なべ
・毎回外して洗う部品:1点(蒸気ノズル)
・2~3回使用ごと:3点(安全弁ゴム、シール玉、フロート弁)
・必要に応じて時々:2点(取っ手、ロックレバー)
・手入れ法についてのQ&A:http://www.asahikei.co.jp/faq/goods/zk/zk_14.html

■フィスラー プレミアム
・毎回外して洗う部品:3点(メインバルブを3点に分解して洗浄)+1点(洗う必要はないけどナットがこの時外れます)
・必要に応じて洗うもの:フタ用取っ手(食洗機使用の場合は毎回)、アロマピー
・取説:http://www.fissler.jp/jp/handlingcare/pdf/premium.pdf

■WMF パーフェクトプラス
・毎回外してあらう部品:1点(蓋取っ手)
・必要に応じて洗うもの:自動調理スタートバルブ、圧力放出口
・取説:http://www.kai-group.com/jp/contents_file/support/manual/file/018WF9338.pdf

■ティファール クリプソ クレールプラス
・毎回外して洗う部品:1点(圧力調整おもり)+蓋の安全弁(外せないけど丁寧に)
・取説:http://www.t-fal.co.jp/NR/rdonlyres/0049570E-E244-4269-B16B-4B7572844767/57546/claire_plus.pdf

■ワンダーシェフ マクサス
・毎回外してあらう部品:無し(ただし使用前に毎回ノズルにピンを刺してつまりがないか確認)
・必要に応じて洗う部品:蓋のノズル、ノズルフィルター
・手入れの方法:http://www.wonderchef.jp/cooker/use/care.html



→もっとほかの圧力鍋を探す

ハンディクリーナーの商品ピックアップ


ハンディクリーナー

サイクロン式、コードレス、ハンディクリーナー。デザインもユニークで色はチタン・クリーム・プラムの三色。現時点で6172円。レビューを見るかぎり吸引力はなかなかのようです。ただ駆動時間が10分と短いのが残念ですが、見た目と手軽さ重視ならこちら。





こちらも見た目重視商品です。現時点で4,170円。コードレス式ハンディクリーナー。持ち手と吸込口が格納されていて、それをぱこっと取り出すとクリーナーになるようですね(リンク先の製品写真参照)。充電時間6時間で駆動時間7分。




コード有のハンディクリーナー。こちらは紙パック式でもサイクロン式でもないのですが、ゴミ捨てが簡単でフィルター部分にティッシュを噛ませておくとメンテが簡単、というところが魅力です。吸引力の大きさや長持ちするという点ではコードレス製品より優秀ですが、コードが巻き取り式でなく手巻というのがちょっぴり残念…。



安いのでいい、という方ならこちら。コードレスタイプ、現時点で1,836円。500円玉も吸い込むパワー、だそうです。液体専用ノズルで液体も吸い取るとか。この値段なら多少充電池のヘタりが早くても消耗品と割り切れるのではないでしょうか。レビュー評価は厳しいのもありますが総合的にはまあまあです。


キャニスター型/スティック型の掃除機の商品ピックアップ

商品レビューからタイプ別にオススメの機種をピックアップしました。


キャニスター型/サイクロン式


ダイソンの標準マシン、現時点で48,500円。ややお高いですね。
ダイソンは何種類か機種がありますが本体の仕様はほぼ同じでノズル部分のパーツが値段に比例して増えます。まずは最安値マシンを購入して必要に応じてパーツを買い足すと良いでしょう。本体がやや重く駆動音も大きいという短所はありますが、音は戸建てなら気にならないレベルかと思います。実際に使ってみると吸引力が落ちない、ゴミ捨てが楽というメリットはやはり魅力です。
dyson DC26 CF DC26CFTHENT
Dyson (ダイソン)
2010-09-30

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by dyson DC26 CF DC26CFTHENT の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ダイソンはうるさいから静かな方がいい、という方はこちら。パナソニック製品で色はレッドとシルバーのニ色、価格は4万円台後半~5万円前後です。レビューも好評。ゴミセンサーが点灯する(エコナビ)ので、掃除嫌いな人でも楽しく掃除機がけができるという声も。自動フィルター掃除機能など、値段がはるだけあってさすがの高機能です。ただ収納時、ダイソンのようにホースを本体に巻き付けるタイプではないので、収納に高さが必要になるとのこと。



安価なサイクロン式国産品で比較的レビュー評価の高いもの。現時点で13,260円。シャープ製品は上位機種になるとプラズマクラスター機能が付きます。




スタンド型/スティックタイプ

サイクロン式スティックタイプで全8色。値段は色により16,800円~24,229円。スティックタイプとしてはやや高価ですがデザインが良く、4時間のフル充電で駆動時間が30分とパワフル。スティックタイプではレビューでの人気がもっとも高い商品です。



サイクロン式スティックタイプ。比較的レビュー評価の高い国産品、色は3色で1万円前後です。私もこの前機種を使っています。フィルタ掃除の手間がやや面倒で少々重さはありますが、吸引力はまあまあです。コード有りのタイプなので充電池のヘタりを心配する必要はありません。



通販生活でおなじみのmakitaクリーナー、紙パック式コードレスタイプでハンディクリーナーとしても使えます。お値段は現時点で8,900円。使い始めは吸引力も良くなかなかの使い心地ですが、紙パック容量が小さいのでこまめに交換しないとすぐに吸引力が落ちます。また充電式は長く使ううちに駆動時間や吸引力が落ちていきますので消耗品と割りきりましょう。フィルタ掃除の手間は無いので、充電以外のメンテは上のシャープ製品よりは楽で、機体も軽いです。27,000円程度の上位機種もあります。